"the theo is strong with this one"

ジャマイカとベルギーの合作!

セデラ・マーリーとテオのアイウェアがランウェイに

セデラ・マーリー(ボブ・マーリーと妻リタの間の長女)は最近、妹のカレン・マーリーとともに既製服ブランド「HARAMBE S/S 16」をスタートしました。そう、熱帯の国ジャマイカをルーツとするこのスパイシーなコレクションには、同じくらい熱いサングラスが必要です! テオのアイウェアはぴったりでした。そして、ともにランウェイを沸かせたのです!

 

//assets.theo.be/files/2921/original/_LRP9121.jpg?1443700954//assets.theo.be/files/2925/original/_LRP9152.jpg?1443701398

6月中旬、ジャマイカではセデラ・マーリーがファッションへの貢献に対する賞を受賞しました。それは彼女の新しいコレクションを見る最適の機会、最適の場所でした。「HARAMBE」と名づけられたこのブランドは、彼女の母リタ・マーリーのスタイルとルックスをヒントとしています。「Harambe!」とは「みんなで力を合わせよう」という意味で、ジャマイカという国の歴史を思い出させますが、この国の人の力強さも表しています。このコレクションは24のスタイルから成っています。服の生地はアフリカ、ガーナ製で、明るく大胆な色です。そう、色…カラーはテオのミドルネームです! テオでは「テオ・バイ・ティム・ヴァン・スティーンバーゲン」のシリーズから1ダースのサングラスを選び、カリブ海のあの美しい島に送りました…そしてランウェイで存在感を示しました。まさにスタイルの仕上げとなる一品です。

//assets.theo.be/files/2922/original/_LRP9199.jpg?1443700966//assets.theo.be/files/2923/original/_LRP9382.jpg?1443700979

セデラはすばらしいデザイナーであると同時に女性実業家でもあります。彼女は1965年に父ボブ・マーリーが設立したレコード・レーベル、タフ・ゴング(Tuff Gong)のCEOであり、非営利の慈善団体、ボブ・マーリー財団の理事でもあります。さらに彼女は、ボブの名前と肖像の権利を管理するマーリー家の法人、Hope Road Merchandising, LLCとマーリーの関連グッズ会社House of Marleyを統括しています。

既製服ブランド「HARAMBE S/S 16」BY Cedella Cedella Marley & Karen Marley

Facebook: CedellaMarley

スタイリング: I am Mykel C. Smith Creative

靴: Crissie Morris (chrissiemorris.net)

サングラス: テオ・アイウェア、「テオ・バイ・ティム・ヴァン・スティーンバーゲン」シリーズ